【新連載】Share Anytimeでワクワクを生み出す「世界で1つのクリエイティブイベント」の作り方 #01

Pocket

このコラムではiPhoneケース展を運営する団体「KOTO PLANNING(コト・プランニング)」が日頃、どのようにShare AnytimeやNote Anytimeを活用しながら、クリエイティブなイベントを作り上げているのかの事例、アーティストのインタビューなどをお届けします。

弓月ひろみ

iPhoneケース展とは

11th_iPCT_bnr_v1
iPhoneケース展は、世界初の「iPhoneケースの展示会」で日本最大のiPhoneのイベントです。
2010年、iPhone3GSの頃、Apple・iPhoneを扱うメディア関係者とクリエイターによる有志で発足。毎回100名を超えるアーティストが「ここでしか買えない世界で1つのiPhoneケース」を展示しています。参加アーティストは造形作家、イラストレーター、ファッションデザイナー、漫画家など多種多様。透明のiPhoneケースをキャンバスに生み出される作品は、ユニークで個性的、デザイン性も高く、その面白さから前述のWall Street Journalに掲載されるなど日本のみならず世界からも高い評価を得ています。
また、「アートをもっと身近に、アートで日常をもっと楽しく」をモットーにiPhoneケースという商業プロダクトを作品ベースとして利用することで、アートと人との距離を近づけること目指し、若手クリエイターや業界を目指す人に発表の場を提供することも目的のひとつとしています。

iPhoneケース展のチームメンバーによる、Share Anytimeのマインドマップ。

今年の秋に開催されるメインイベントの目玉となるコンテンツを整理し、全員で共通認識を持つため行いました。それぞれ同じタイミングで素描しても何らストレスなく、ワクワク楽しみながら出来るのが魅力。

yuzuki01

Share Anytime Freeで開くと、音声メッセージが再生できます。

MetaMoJi Shareで開く

MetaMoJiShare Freeをダウンロード

 ※MetaMoJi Shareをインストールした端末でご覧いただけます。
 ※iOSの方は、このページをSafariで表示して、上のボタンをタップしてください。
 ※MetaMoJi Shareをお持ちでない方は、「MetaMoJi Share Freeをダウンロード」から
  アプリをダウンロードしてください。

筆者プロフィール

yuzuki_hiromi弓月ひろみ (KOTO PLANNING代表・iPhoneケース展プロデューサー)
デジタルアイドルとしてデビュー後、ラジオやテレビでのリポーターとして活動しつつ、ITに詳しいタレント・ライターとして雑誌に寄稿。iPhoneケースを約400所持するケースコレクターで、iPhoneケースをキャンバスにしたアート展「iPhoneケース展」を主催している。
最近では女性向けガジェットの商品開発やセールスプロモーションなども行うほか、Podcast「Apple Clip」のアシスタントも務めている。趣味はiPhoneを使ったムービー撮影とセルフィというiPhone Holicで毎日2時間入るお風呂はiPhone&iPadと一緒。

関連リンク

弓月ひろみ Twitter
弓月ひろみ Facebook
iPhoneケース展

Pocket

Comments

comments